ビッグサイトへ行くの巻。

7/9~11日まで東京ビッグサイトで開催されていた、
『第19回国際文具・紙製品展 ISOT2008』へ、夫と連れ立って行って来ました。

他にも雑貨EXPOなど開催されており、見ごたえ充分。
余力があれば、東京国際ブックフェアも回りたかったのですが、
そんな力はもうどこにも残っておらず(笑)、足を引きずるようにして帰ってきました。
ホビーショーに行った時より、やけに足の筋肉痛がひどいのはなぜなんでしょう……。
東京の端から端までの移動は、この暑さの中では堪えますって。


さて、様々なブースを回っていろいろ見ながらサンプルなど頂いてきましたが、
中でも面白かったのがこちら。
b0137602_1542662.jpg

デザインフィルのブースで展示と共に配布されていた、
『グルーピーケース』のミニ版ペーパークラフト。
1971年に発売されヒットした、スクール用のバッグです。
ブックバンドでくるんだ教科書と一緒に、このお道具箱みたいなケースを持って歩いた……
そんなご記憶、ありませんか? んーと、私はまだ小さかったので…ゲホゴホ。

切り取るとこのようになり、組み立てて使えます。
b0137602_1550734.jpg

中心のデイジーも、昔懐かしデコシール。
子どもの頃、家の洗面所の窓に貼ってあったなあ。

出来上がると、名刺がちょうど入る大きさに。
本来ならスナップボタンで留めるベロの部分には、
やはり小さな○のマジックテープを貼るようにと配布されていました。
現在、ムスメがいたく気に入り続々製作中♪


他にも書ききれないほどたくさんの企業ブース&アイテムめじろ押し!でしたが、
こういう時、なぜかそんなに勇んでサンプルなどを貰ってこられない小心者です。
夫と同行していたので、自分ばかりあっちもこっちも!というわけにもいかないし。

DIYが目線の主体である夫とは、二人して接着剤関連で盛り上がってきました(笑)。
カリグラフィーのカード作りの際に必要で、
とても気に入っているのが『テープのり』なのですが、
今はいろいろな種類がホントに増えて楽しいですねー。ドットタイプが特に好き。
夫には、その辺にニーズがあるのよ!と今更ながらプッシュしておきました。
残念ながら、電動工具~ハード方面担当なので何の意味もないんですけど。

電動工具で思い出しましたが、ホッチキスで有名なマックスのブースにて。
私の頭の中には「MAX=釘打機」というイメージが先行してしまい、
「なんで文具なのにマックスが出展してるの?」という、
アホにもほどがある質問を夫にする始末。志村ー!ホッチキスホッチキス!みたいな。
「お前の方が、どっちかと言えば(頭が)文房具寄りだろう?」と、訝しげな夫。


さて、エラく横道にそれましたが、
少ないながらも貰ってきたサンプルで非常にヒット!したのがこちら。
b0137602_16135177.jpg

写真が大きすぎるのはあえて触れないでいただきたいのですが(笑)、
これは書類を挟む『スライドクリップ』。
本来は、例えると小指の第一関節(大)・microSDカード(小)くらいの大きさです。

通常のこういった金属製のクリップだと、コの字型に曲げられているだけなので、
思いのほか固かったり、挟んだ書類がぐしゃっとなってしまいがち。
ところがこのクリップ、中にまた小さなクリップ状の金属が入っている上、
その形状がたぶんポイントなのでしょう、ハート形のような感じで、
クリップを紙から外そうと引っ張ると、そこだけ上下にスライドするようになっています。
(文章だと伝わりにくいですね、すみません)

普通のクリップより数段軽い力で動かせるし、
大サイズはコピー用紙60枚までOK!とのことで(小はその半分)、重宝しそうです。
紙に跡が残りにくいのもポイント高いなあ、なんて。
ただ、良く調べてみたらコレはもう10年以上も前から製造・販売されているとのこと。
どんだけ疎いんだ、ワタシ。
大手メーカーを介して販売されているようなので、さっそく探しに行こうっと。
同じもので、表面がプラスチック&キャンディーカラーの可愛いタイプもありましたが、
私は断然こちらのステンレスがいいな。ビバ!無機質!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-07-12 16:47 | 雑記帳

<< 夏のたより。 ああそっかで 話聞いてないのね。 >>