きらきらしたせつないもの。

b0137602_1419079.jpg
むんコレ、げっとー。やったやった!

と言ってもアレですね、青年向け4コママンガって微妙ですね。
(青年です青年。「成年」じゃあなく!)
芳文社や竹書房などからがっつり出されている、
4コマ主体のコミック誌。イメージは植田まさし、みたいな。
「コボちゃん」とか「おとぼけ課長」が表紙にいがち。
あとは「クレヨンしんちゃん」とか。コレはまんがタウンか。

書店勤務だった頃、雑誌の中でもコミック誌の棚は鬼門でした。
少女マンガ系(りぼんとか花とゆめとか)ならまだしも、
いわゆる青年誌が、まったくカテゴリわからなくて。
売場の都合上、4コマ誌は女性コミック誌の棚に置いていたのですが、
どれもタイトルは似通っているし、表紙絵は同じ作者さんだしで、
きちんと分別するのに非常に苦労した思い出があります。

そんな中、毎日のように、開店直後にやってくるお客さんがいまして。

たぶんバイカーなのか、フルフェイスのメット片手にやってくるお兄さん。
いつも一目散に、この4コマコミック誌の棚めがけて直進→立ち読み。
きちんと発売日をわかっているようで、しっかり本日発売のコミック誌を読んでいく。
余り、お客さんの好みに立ち入るのは良くないのでしょうが、
こうも毎日来られるのでは、気になっても仕方がないというもの。
「何読んでるのかなー」と、ちらちら見てしまったりして。

そのお兄さんが、一番手に取る率が高かったのが、
この「むんこ」さんという作者の絵の表紙。
一見、幸薄そうな女の子がどーんと描かれたその横に「らいか・デイズ」の文字。
上に載せたのもそうですが、どう見てもスク水って・・・ええーっと。
お兄さんには悪いけど、ちょっとアレな方面かと思っていたんですごめんなさいごめんなさい。
でも、いわゆる「萌え」な方面ならばまた別のカテゴリがあるし、
もっと追求したいなら、ウチの店にはがっつり18禁もあるよ!と思ったので(笑)、
興味本位でぱらぱら・・・と、私も読んでみたところ。


はい、思いっきりハマりましたー。


表紙の幸薄そうな(笑)女の子、これが主人公のらいかちゃん。
花丸小学校6年2組、児童会長。正式名は「春菜来華」(はるな・らいか)。
頭脳明晰で、全校生徒の名前を覚えている上、教師・生徒からの人望も厚い。
そんな彼女をめぐる、クラスや学校、家庭の日常を描く4コママンガ。

これが、面白い。
ドタバタギャグの4コマではなく、時にしっとりと、うっかり泣いた事もあります。
「ああ、こんな頃あったなあ」とノスタルジィに浸れるのはもちろん、
セリフがなくとも、独特の間がとても小気味良いのです。脇のキャラもいきいきしてるし。
作者が同世代というのも大きいのかな。
気が付いたら、いつの間にやらコミックス全巻揃えてました♪
連載は勤務中にこそーっとチェックして(笑)、上の臨時増刊号もチェックした後買って。
今は残念ながらそれができないので、この前コンビニで買いました。
コンビニって、意外と品揃えがあなどれないのね。(今気付くな!)

結局、あのお兄さんのお陰ですっかりむんこファンに。
私は彼に無言で洗脳されてしまったわけです。ありがたやありがたや。(?)
「らいか・デイズ」のみならず、
まい・ほーむ」「だって愛してる」「はいぱー少女ウッキー!」「がんばれ!メメ子ちゃん」など、
作品は全て揃えてしまいました。どんだけ洗脳されちゃったんだよ。
どの作品にも一貫して、愛があり、きらきらしたせつないものが流れています。

現在、作者むんこさんは出産されたばかりで、作品の休載が続いていますが、
徐々に連載が再開されているので、非常に嬉しい限り。
そんなところも、つい応援したくなる要因なのかな。
今日もきっと立ち読みに来たであろうお兄さん、本当にありがとう。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-05-31 15:10 | 元書店員のヒトリゴト

<< 香水同盟。 失われた愛を求めて。 >>