宇宙一周旅行

7月11日(土)国立代々木第一体育館にて。
b0137602_167556.jpg
いくらケータイだからってひどすぎ。

行ってきました、吉井和哉主催の宇宙一周旅行へ。
チケット取ってから半年ぐらい待ったのではなかろうか、という状況でしたが。

この間、モバイルサイトで吉井さんの日記は見ても、
BBSやレポの類は一切見ないようにしてきたので、開演まで何の情報もなし。
なのでオープニングは一体なんだろう…?と待っていたら、
暗闇の中から聴こえてきたのは「ノーパン」!(笑) ま、まさかそれだとは……
この曲は後半に人格が変わるのが大好きなんですが、
ライブのオープニング曲に「ノーパン」という曲を持ってくるのは、全世界で貴方しかいないと思います。
そしてパンティ繋がりで「Biri」だし。(わからない方は吉井和哉のアルバムをお聴きください)

私の後ろの列に、今日吉井初体験!という高校生らしき男の子が二人いたのですが、
オープニングから最初のMCに入ったところで、
「吉井さん、超カッコよすぎじゃねー!?」と絶叫していました。……今知ったのかい(笑)
他、全曲大声全開で熱唱してるし。いやー微笑ましい。
さすがに「MUDDY WATER」は無理だったみたいで(笑)そこも愛いやつじゃー、と思ってしまいました。

最新アルバムでは「魔法使いジェニー」が頭から離れないのですが、
この日のライブ以降、「ルビー」がその位置に収まることになりました。
あと、「またチャンダラ」も。
アンコールからの持っていき方、不覚にも吉井さんのMCで予想が立てられなかった…
(いつもは次に何の曲を振ろうかがすぐにわかってしまうところが良いのです)

それから「ROCK STAR」。
どうしてか、THE YELLOW MONKEYの曲が流れるといつも一瞬棒立ちになってしまうのです。
わかっているのだけど、頭の中が真っ白になって立ち尽くしてしまう。
ああ、これは昔の曲なんだよと脳が理解するまでに数秒必要とするようです。
そういえば、先だってのモバイル長期会員限定ライブではHEESEYがゲストだったとか。
いいなあ、「ホテル宇宙船」聴きたかったなー。


何かとりとめもなく飛びとびで感想書いちゃってますが、
オープニングで現れた吉井さん、アンティークの着物を羽織っていたのが美しかったです。
やっぱりこの人が好きなんだなあと思った夜でした。
私に吉井和哉の存在を教えてくれた人に、心から感謝します。あなたのお陰で今がある。
ありがとう。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2009-07-12 16:04 | 音楽

<< 夕焼け小やけで日が暮れて Perfume⊿(トライアングル) >>