2つの再会


あれは先月だったでしょうか、地域の集まりに顔を出した時のこと。

子ども達と一緒に、座れる場所を探してようやく落ち着いたところ、
ふと、続々と入ってくる人の流れの中に、一瞬知った顔を見たような気がして。

それは、松葉杖をついて歩く若い女性とそのお母様らしき二人連れ。
ケガでもされたのか、大変だなぁと思いながら見送るうちに、
ちょっと待てよ、私はこの人を知っている……!と思い出して。
でも、一体どこのどなただったのかお名前がすぐに出てこない……
ええと、ええと、うーんと、うーんと。

その時、椅子に掛けられたその方の、横に置かれた松葉杖に目が留まりました。
普通ならきっと、例えば病院の名前なんか書かれちゃったりする剥き出しの木の杖なのに、
その方の松葉杖は、深いグリーンの地にそれはそれは美しい白い花模様が描かれていたのです。

………!!

そこでようやく記憶の糸が繋がりました!
以前、地元のカリグラフィー教室で一緒に学んでいたSさんだったのです。
どこのどなたどころか、隣の席だったはず(おい)

その松葉杖には見覚えがありました。
だって、ご一緒のお母様はトールペイントの講師の先生♪
カリグラフィーの道具入れや身の周りのものに、美しくペイントを施していらっしゃったのでした。
もちろん松葉杖もそう。
普段使うものに一工夫することの楽しさとその効果を、
決して声高にではなく、静かに強く教えてくださった方々でした。

そこで頭の中に思いっきり電球マークが「!」とついた私(笑)、
急いで駆け寄ってご挨拶をしたのでした。
お二人も私の事を憶えていてくださって、思いがけない場所での再会を喜び合いました。うふ。

◇ ◆ ◇

もう1つ、同じように思いがけない再会バナシ。

これも先月から、隣の市のカルチャーで週に1回「中世の装飾写本」の講義を受ける機会があって。
見つけた時に、またとない機会だと思い申し込んでみたのですが、
3回目の講義の後に、これまた思いがけない方から声を掛けられました。

名前を呼ばれて振り返ると、そこには何と、
先ほどのお二人と同じく一緒の教室で学び、
更にインストラクター講習まで一緒に通ったMさんの姿が!

もうあれから何年経つでしょう……
インストラクターになってすぐに開かれた、彼女の個展で一度お会いしたきり。
ご無沙汰をお詫びしつつ、互いの近況などをお話しました♪
精力的に個展を開催されて頑張っている彼女の姿に、私も頑張ろう!と思った再会でした。

◇ ◆ ◇


普段、実は余り人と話すのが得意ではないこともあって、
例えばスーパーで知り合いを見つけたりすると、そーっと離れてみる自分がいたりします(笑)。
でも、逆に自分がそうされたら悲しいし(そりゃそうだ)
そういう時の出会いもまた縁があるはず!と思い直すことにしました。

久々に紡がれる縁の糸を、また大切に。
私みたいなヤツにも、ありがたく声を掛けてくれる人がいるのは嬉しいのです。
逆にもし私が声を掛けた時、あるかりに会えて良かったなと、
そんな風に思ってもらえるような人間になりたいなーと密かに思うのでした。

……あああ、もっと人間的に成長しなきゃダメだな。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2009-05-26 20:39 | 雑記帳

<< 『みんなの手づくり市』参加中! デスコヨヨギ >>