<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

アート・ムーチョまであと5日。

いつの間にか、もう10月も残すところあと数日。
気が付いたら11月になっちゃうんですね。今年ももう終わりです。(早っ)
「10月」だとさほど感じないのに、「11月」になると年の瀬感が一気にぐっとUPする気が…。
あああ、月日の流れは本当に恐ろしいものです。

そんなことはさておき、
毎年恒例で参加しているイベント、アート・ムーチョの季節です!
◆2008年11月1日(土)2日(日) 11時~18時 ※雨天中止
 『第11回アート・ムーチョ』
 八王子西放射線ユーロード(JR中央線八王子駅北口徒歩1分)

会場案内など詳細はこちら → ◇ ART MUCHO net. ◇ 

R calli.works、11月1日と2日の両日出展いたします。
カリグラフィーのグリーティングカードやアクセサリーなどなど、
クリスマス関連を含め現在鋭意製作中!!(かどうかはわかりませんが)
よろしかったらぜひ遊びにいらしてくださいませませー。
但し、雨天中止になってしまうのでお天気だけが気がかり。

ムーチョ自体は春と秋の年2回行われていますが、
諸事情により、たいてい春は本ムーチョ(笑)ではなくプレ・アート・ムーチョに参加しています。
↑アート・ムーチョ開催の5月末は小学校の運動会と重なることが多いので(笑)。
ですが、秋のムーチョはそんなの関係ねえ!(もう古…ゴニョゴニョ)で、
存分に参加できるので、私自身もとても楽しみにしています。
それにしてももう11回ですか……早いなあ。
愛する地元・八王子のイベントなので、出来る限り参加していきたいです。

当日販売する作品に関しては、出来次第(?)追って載せようと思います。
いや、あの、こちらも恒例・お尻に火が付いたー!状態ですが。とほほ。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-27 18:13 | お知らせ

BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!

来ましたよー来ましたよ!
Perfumeの武道館のチケットが!
P.T.A.のチケットが意外に大きいのにびっくり。
座席は6日、まさかのアリーナA9ブロック。

……どうしよう、こんなびぎなーずらっく♪

武道館は行き慣れている…といったらアレですが、
さすがに10年以上吉井さんで通っているに等しいので無問題。
でも、アリーナは嬉しいけど、自分の身長及び周りの環境(男性>女性)、
そして何よりPerfumeライブ初体験♪を考えると、
もしかしたら完全アウェーなんじゃないかとちと不安だったり。
2階スタンドでひっそり見る方が、私のような新参者には良かったんじゃないかとか。
武道館は思ったほど大きさを感じさせないハコなので、
スタンドからだって結構良く見えて楽しめますもんね。
だから、ライブの会場としては日本武道館ってとても好きな場所です。

そういえば、女性アーティストを観に行くこと自体、初に等しいんじゃないかと。
……と思って今よく思い出してみたら、相当昔にドリカム観たことあったっけ。
(すんごく前です。決戦は金曜日とかの頃…代々木体育館だったか)
でもなあ、ドリカムのファン層も殆ど女性みたいなもんだったしなあ。
Perfumeはどう考えても女性の方が少数派でしょうし、
おまけに年齢層若いでしょうし……きゃあああ。以下言及しません!

ああ、でもやっぱり嬉しいのですったら。
とりあえずブーツで武装することは確かですが(身長伸ばしに・笑)、
オレT(FC限定Tシャツ)も持っていないことだし、目立たずひっそり参戦します。
今から、いえいえ前々から楽しみでしたが更にもっともっと楽しみ!!
オープニング1曲目はなんだろう……edgeだったら嬉しいなあ。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-24 18:13 | 音楽

教室御礼 および反省と課題。

地元シダックスでのカリグラフィー教室、
無事に(?)10月の日程を終える事が出来ました。

前回カード作り体験を申し込んでくださったお2人が、
そのまま本講座を続けて下さることになり、さっそくイタリック体の学習から開始。
そしてまた新たに1名、体験を申し込んでくださった方がいらしたので、
3名並行してカード作りと書体の練習をすることに。
新しい方が増え、また和やかに進めることができたかなーと思います。

今回初めていらした方ですが、お仕事柄か大変興味を持って臨んでくださり、
道具や技法などについてたくさん質問をしてくれました。
お陰で、カードに入れる簡単なボーダーを説明していたはずが、
気が付くといつの間にか平筆持って、薔薇やリボンを描いていたり…とか。
初めての方ばかりなのでイタリックだけだし…などと、油断してはいけないのですね(笑)。
や、あの、決して気を抜いているわけではありませんが。

一応、何を聞かれても(笑)すぐに対応できるよう、
道具などもなるべくたくさん持っていくようにはしていますが、
いかんせんこの体たらくと言いますか、バタバタしてしまうのが恥ずかしい限り。
次回はクリスマスカードを作ろうと思っているので、
きちんと準備を整え、更に楽しんでいただけるよう頑張りたく♪



それから、これは大いに反省しなければならない点なのですが、
うっかり時間がオーバーしてしまうこと。
幸い生徒さんも、そして教室側もこの後予定があるというわけではないにせよ、
終了予定時間をまるっとオーバーしてしまうのは、やはりいかがなものかと。

……原因は、私があちこち脱線してしまうことです…(汗

優雅にペンを持つ時間を楽しんでみませんか?などと言っておきながら、
手を動かさずに口を動かしているのはどこのどいつだ~い。
生徒さん達のカリグラフィーのイメージを壊さないためにも、自重しましょう私。
というより、脱線しなければ普通に時間どおり終われるのに……。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-22 18:30 | カリグラフィー教室小景

芸術の秋的おぼえがき。

某所で教わった情報ですが、非常に有益かつ自分へのメモとして。

東京藝術大学附属図書館所蔵貴重資料展
輝く書物 ―中世写本ファクシミリ選―

会期:平成20年10月27日(月)~12月20日(土)
    日・祝日は休館
    月~金:9:00~20:00、土9:00~17:00
    於:東京藝術大学附属図書館2階目録室

・第1期 (10月27日~11月8日)
  「初期中世の写本画 - 文字装飾の芸術」
  《ケルズの書》 《ダグルフの詩篇》 《カロリング朝の典礼書》

・第2期 (11月10日~11月22日)
  「カロリング朝からロマネスクの写本画へ - 描かれた物語」
  《ドロゴの典礼書》 《オットー3世の福音書》
  《インゲボルグの詩編》

・第3期 (11月25日~12月6日)
  「中世末期の写本画 - 時禱書の世界」
  《ベリー公の小時禱書》 《トリノ=ミラノの時禱書》
  《ビーティーの祈禱書》

・第4期 (12月8日~12月20日)
  「中世末期の世俗写本 - 自然への目覚め」
  《ジョヴァンニーノ・デ・グラッシの素描帖》
  《タクイヌム=サニターティス》
   ガストン・フェビュス《狩猟の書》
詳細
http://www.lib.geidai.ac.jp/exhibition/exhibit2008.html
東京芸術大学附属図書館
http://www.lib.geidai.ac.jp/


ファクシミリ版の公開展示ということですが、
「ファクシミリ版」って何?と思ったのは私だけではないはず。
まさかfaxで複写したもの……じゃない、でしょうねえやっぱり(笑)。

ファクシミリと言えばfax。
画像の情報を通信回線を通して遠隔地に伝送する機器、または仕組みのこと。
これは実は語源がラテン語で、
『fac simile(同じものを作れ)=facere(為す)+simile(同一)』から来ているのだそう。
この「同じもの」という意味からもわかるように、単なるコピーや模造品ということではなく、
原書が歴史・文化的価値の高いものであればあるほどおいそれとは拝めないため、
学術的な研究材料などとして、原書の完全な代替品という意図で複製されるもの。
つまりはファクシミリ版自体、希少価値の高い資料ということになります。

原書を撮影→スキャニングののちに補正され印刷で製作されますが、
更に手作業で彩色や装飾を行うことも少なくないようです。
極細部まで原書に忠実な再現が求められるため、価格も必然的に高くなります。
例えばヨーロッパ中世美術史上、屈指の名品と言われる
『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』のファクシミリ版は紀伊国屋書店で210万円の値が!
また、この道で有名な雄松堂書店では『グーテンベルグ聖書』ファクシミリ版が241万円強。
部数も限定されているので当然とはいえ、
とてもじゃないけど、こっちもおいそれと拝めませんよねえ……。


というわけで、絶好の機会なのでぜひ。
観覧料は無料だそうです。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-20 16:57 | カリグラフィー 作品

雑誌のバックナンバーの正しい注文の仕方。

b0137602_1613723.jpg
雑誌『オレンジページ』11月2日号(10月17日発売)に、
「羊毛フェルトのふわふわケーキ」と題し、5pにわたり
朋友・羊毛フェルト作家福田りお氏の作品が特集として
掲載されています。(P68~)

R calli.worksのケーキピックも
少々紙面を割いていただいた模様。(ココだけですが)

ちょっと立ち読みもできます♪ → 
(※FlashPlayer7以上が必要) 


これらのピック、ええと…いつ書いたんだっけな?状態ですが(笑)、
よーく見ると冷や汗モノなので「えー!コレ大きく映すの?」なんて。
フローリッシュとか中途半端~!とか叫びたくなりますが、
それぞれ約1cm~2cm足らずの大きさの紙片(参考:PCキーボード1個の表面ぐらい)に
ちまちまと書いているものですので、どうかご容赦願いたく。
……もう出ちゃったものに予防線張ってどうするんだ、あるかり。



さて、書店勤めをしていた頃によくあったことなのですが、
雑誌のバックナンバーのご注文を書店にされる際は、
お求めになりたい雑誌の「発売日」か「×月×日号」をはっきりと書店員にお伝え下さい。
↑のオレンジページなら、「10月17日発売」の「11月2日号」というように。

できれば、どんな特集だったかなども添えてお伝えくださると尚良いかと。
大抵、雑誌の号というのは発売したその日より先行してつけられていますので、
この辺がごっちゃになってしまうと、せっかく取り寄せたものでも
「ちがーう!この号じゃない!」ということになりかねません。

このオレンジページは隔週刊誌なので余計にややこしいですが、
月刊誌でも、例えば10月末に発売されてもそれは12月号だったりします。
雑誌には、出版社への「返品期限」というものが設けられているので、
バックナンバーだったりすると、うっかりキャンセルされた場合返品もきかない…という、
書店にとっては大変恐ろしいリスクになりかねないのです。
この場合、書店が泣き寝入り(担当が買い取るとか…ええ、あります)するか、
お客様にお買い取りいただかなくてはなりません。

大抵は、取り寄せのご注文の際に店から確認(念押し?)されると思いますが、
欲しい物と違うのに買い取らなくてはならないという事態を避けるためにも、
ご注文の際は、その号を良くご確認の上でご注文ください。



……もう書店員じゃーないけど、元・雑誌担当の哀しい職業病です。
あ、このオレンジページはまだ書店に置いてあります!(笑)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-17 15:48 | 元書店員のヒトリゴト

幽談・気持ちを伝える手作りカード他。

b0137602_1911196.jpg
地元の図書館から、予約していた本が入ったというので取りに。
ついでにいろいろと見ているうち、あれやこれや借りたい物がどっさり!
結局、いつものことながら限度枠ギリギリまで借りてしまうのでした。

今回は
『幽談』京極夏彦/メディアファクトリー
『カードは手作りが楽しい!』井上由季子/文化出版局
『気持ちを伝える手作りカード』 同上 /扶桑社
『透明樹脂・レジンで作るアクセサリー&雑貨』 雄鶏社
『5分で描くはじめてのカリグラフィー』松井康子/成美堂出版 などなど。

※それぞれのリンクは「続きはこちら。」以降にあります。

予約をしていたのは京極夏彦なのですが、
他の本は、見ていたら面白くなってしまって。
発刊されているのは知りつつ、じっくり見た事がなかったので借りてきました。

続きはこちら。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-12 18:09 |

風邪薬とシチューとチョコレート。

ここ2~3日、ムスメが調子を崩しているなーと思ったら、あっという間に熱が出て。
あらららーと見ていた自分も、うっかりおこぼれに与ってしまいました。とほほ。
時々微熱みたいなものはありますが、そんな時は見て見ぬふりをして、
「なんでもない、なんでもなーい」と言い聞かせればイケるんですが(笑)、
今回はそんな気合も入らず、体温計の数字にまんまと負けました。

そういう時に限って、常備薬も切らしてしまって。
ドラッグストアに買いに行く事を考えると、結局はかかりつけ医に診て貰うのが一番。
予約を入れて親子共々、お世話になってきました。
後で気が付くと、花粉症も併発している分私の方が症状重かったーみたいな(笑)。
お陰さまで、随分と楽になってきました。医者の薬最高。

ところで、10月に入ってすっかり秋めいてきた今日この頃、
TVCMを見ると季節の移り変わりがはっきりわかるなあと思えたり。
風邪薬・シチュー・チョコレート。これらのCMが多くなると、「秋だなあ」と感じます。
ついでにコンビニのおでんのCMとか。
でも、↑って8月末から出すらしいですが。
ビールだって、こないだまで秋味のCMやってたと思ったら、もう冬物語だし(笑)。
槇原敬之の曲が、なんかこう、とてつもなく懐かしく感じますねえ。

鍋物のCM(ぽん酢とか)が本格化して、
TDRのハロウィンCMがクリスマスファンタジーに変わったら、完全に冬の始まり。


・・・・・・って、もうすぐやないかーい!(ひぐちカッター!)


朝晩の冷え込みもはっきりと感じるようになりました。
(別の意味で冷え込んでいるのはなぜだろう)
皆様もお体ご自愛ください。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-10 18:12 | 雑記帳

開講御礼。

地元のシダックスカルチャーによるカリグラフィー教室、
無事に(?)初日を終える事が出来ました。
ああ、ホッと一息。

一般的には開講シーズン前に広告が入ったりするものでしょうが、
なぜかこちらは開講後の7日にチラシが入りました。(いや、別にそのあの・・・)
なので、事前告知といったらこのお寂しいブログと、
会場に置いた展示用作品、そして申し込みチラシ(広告とは別)のみ。
それでどなたかが来てくれるものなのか、非常に心配していたワケですが。

が。

何とか(?)2名の生徒さんが来てくださいました。いやー感謝。
うち1名の方は、展示用作品を見て申し込んでくださったというので感激。
親身になって飾ってくださったスタッフさんたちのお陰です。ありがとう。
もう1名の方は・・・というと、ネットを通じR calli.worksを知ってくださった方。
某朋友の繋がりということもあり、わざわざ千葉から来てくださって。
もうねー、何と言いますか、そちら方面にももっとご高名な先生方が・・・・・・ゲホゴホ(笑)。

お二人ともカリグラフィーは初めてとの事でしたので、
まずは体験から!と、ForYouカードの制作をしました。
お二人とも「楽しい」「ハマる~」と仰ってくださり、こちらも本当に楽しかったです。
もちろん、私が楽しんでいるだけではダメですから(笑)、
お伝えせねばならない事はきっちりお伝えしたつもりですが、
「つもり」のままではいけませんね。もっと精進いたします。



この季節、カリグラファーにとっては忙しい時期。
クリスマスを控えている上に芸術の秋ですから(違)、
様々なイベントやギャラリーなどなど、催し物も多いですし。
地元でも、例えば地域の文化祭だったりカルチャー的イベントを行っていたり、
カリグラフィーを知って貰えるキッカケになるものはいくらでもありそう。
私も地域密着型カリグラファー(笑)を目指し、いろいろやってみようと思います。

気が付けば、自分もカリグラフィーを始めたのはこの季節だったような気がします。
同じく、カード作りの体験教室が第一歩でした。
それをキッカケに、教室へ申し込みをしたのが'99年12月。
今年の12月で、カリグラフィーを始めて10年目に入ります。(遠い目)
当時の気持ちを思い起こしながら、「初心忘れるべからず」でまた頑張っていきましょう♪
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-07 17:16 | カリグラフィー教室小景

終わっちゃう時はあっけないもんなんだよなあ。


その日は突然やってきた、のです。




元職場であった書店が、閉店になるという知らせが来ました。
何でまた急に?と思いつつ、ちょうど定期購読の雑誌を取りに行く日だったので店に行くと、
たまたま、お世話になった社員さんとパートさん達が残っていて。

私「ええとー、一体どうしちゃったんですか?」

皆「表の貼紙、見た?」(入り口自動ドアやレジ周りなど、数箇所にあった)

私「み、見ましたけど、えと、あのー・・・・・・」


何せ、言葉にならないのですよ。
知らせをもらった時は、「閉店」というだけでいつ閉まっちゃうというのを聞いておらず、
まあ、きっと今年いっぱいは営業するのかなあなどと思ってまして。
で、店の貼紙見たら、今年いっぱいどころか 今 月 い っ ぱ い で おしまいって。
いくら何でも、急過ぎやーしませんか。

店を閉めて撤退するというのは、それこそのっぴきならない事情があるからこそ。
もちろん、私が勤めていた時だって危険な状況はいくらでもありました。
全国の町の小さな書店さんが抱えるような事情、弱小チェーンにだって充分当てはまります。
それに、弱小チェーン(笑)ではありますが、10店舗弱の店の中で、
私が居た店は、その規模から言っても割とまだ売上は悪くなかったと思うのです。
(もちろん、厳密に考えれば採算が合わないから閉店になるんでしょうが)

じゃあ、どうして閉店なのか。

一番の原因は、同じ商圏内に昨年某T書店が進出してきたこと。
これで、売上げの3割が落ちました。そして落ちたまま、回復できませんでした。
あちらはビデオ・DVDレンタルもありますから、ウチと同じビル内のレンタルショップも大打撃。
ただ、完全本部一括のあちらと違い、いろいろと試行錯誤の上で差別化をはかり、
あの手この手でお客の流出を食い止めてはいます。

ですが、本の場合はそうはいかないのですよね。
まず第一に値段の差別化がはかれないこと。
どこ行ったって書籍の値段は一緒なわけだし。
ポイントカード導入もしましたが、それも却って首を絞める結果に。とほほ。

某T店進出のすぐ後で、店の売り場レイアウト変更もやりました。
やったけど、これがもう何と言うか、働いている我々にまず不評で(笑)。
はっきり言って、私は失敗だったと思っています。
大体、什器を動かさないでレイアウト変えたって置けるもんも置けねーよ、みたいな。
書籍用の狭小な平台に雑誌を積み、雑誌用の広い平台にコミックを広げたってダメでしょ。
コミックや文庫が4面も5面も広げられても、奥の方は取り難いでしょうに。

こんな小さな(いや大きな)不満を訴えても、まるで改善される余地無し。
店の人間が探しにくい、取り難いと感じている物を、どうやってお客が探し出せるのか。

それから、アルバイトの教育不行き届き。
人件費を削らねばならないというのなら、きちんと教育して精鋭を育てるべき。
ただレジ打ちができればいいんじゃないんです。
書店というのはある意味カオスで、それはそれは多種多様なお客が来ます。
接客の基本はともかく、お客の言う事をエスパー(笑)できるぐらいじゃないと。
もちろんエスパーを育成しろ!なんて言いませんが、
日頃からアンテナを尖らせていないと、いついつTVで紹介されたとか、
新聞の書評に出ていたとか、どこぞの出版社が潰れたとか(笑)、
そういうことをこちらがお客に情報提供できないようでは、意味が無いということ。

読書好きでなくては書店でバイトできない、というのではありません。
「仕事」として、ある程度情報に敏感じゃなくっちゃ勤まらない。
書店に勤めてるのに、今話題の本やコミックを知らないのでは話にならない。
ウチ、そういうバイト(パート)さん多かったんだよなあ・・・・・・。




一足先に辞めてしまった人間が、ああでもないこうでもないと言う資格はないでしょう。
ただ、こうなるんだったら辞めなければ良かった、
もう少し、あがけるだけあがいても良かったんじゃないか、
そんな小さな悔いが残ります。
私一人いたからって、何の役にも立たないのはわかってるけど。

「終わっちゃう時はあっけないもんなんだよなあ。」

これは、社員が呟いていた一言。
そうですね、ホントあっけないですね。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-04 18:09 | 元書店員のヒトリゴト

展覧御礼&これからの予定。

先月28日~30日まで行われていた
『美しき手書き文字の世界 ~日本フレンズ・オブ・カリグラフィー協会展覧会~』、
お陰さまで無事に終了いたしました。
足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました!

重要文化財でもある、会場の大阪市中央公会堂ですか、
そちらの荘厳な雰囲気とも相まって、とても良かったとの声をいただきました。
拙作が、かのO先生の作品の近くにあったという、それはそれは「ひえええー!」な(どんなだ)
畏れ多い思いを今更抱いている次第です。ひえええ。

協会プロフェッサー、ならびにインストラクター、メンバーの方々、
そしてこの作品展開催にあたりご尽力いただいた皆様、大変にお疲れ様でした。
来年は再び東京で行われる……とのお話ですが、そうなの?(笑)
とりあえず、ぜひとも図録を作っていただきたいなあという気持ちが切実です。


さて。

作品展も終わって一段落したところで、
今後のR calli.worksとしての活動予定をお知らせしたいと思います。


■ 10月6日(月)  『楽しいカリグラフィー』教室          
             13:00~15:00
             西八王子シダックスカルチャークラブ 
             JR中央線西八王子駅 南口下車徒歩5分
             (以下、毎月第1・3月曜日)

■ 10月20日(月)  カリグラフィーカード作り教室
              13:00~15:00
              上記カルチャークラブの一日体験教室です。
              ※体験教室をお申し込みになった後で本講座にお申し込みされると、
               入会金が半額になる特典があるそうです。
              詳しくは、近隣の地域の方は10月7日の折込チラシをご覧下さい。
             西八王子シダックスカルチャークラブHP

■11月1日(土)~2日(日) 第11回アート・ムーチョ
                 11:00~18:00 ※雨天中止
                 八王子西放射線ユーロード JR中央線「八王子」北口徒歩1分

■11月14日(金) 『福田りおの羊毛フェルトのスイーツ*レシピ』発売
               羊毛フェルト作家・福田りお氏の新刊が発売されます。
               日本ヴォーグ社刊 定価1200円+税
               R calli.worksとして制作協力しています。

■11月17日(月)~12月13日(土) cha*chaのクリスマスパーティー
                      雑貨店「cha*cha」さんのイベントに参加します。 
                      ※神奈川県相模原市
                      詳細はまた日程が近づいたらお知らせします。
 
                      cha*chaさんHP

          

こういった形で、年内は活動して行くことになりそうです。
もう1件、年末にイベント展示が予定として入ることになるかもですが、
その時はまた改めてお知らせいたします。

おっと、もう1つ近々のお知らせが!
10月17日(金)に雑誌『オレンジページ』が発売されるのですが、
こちらに「羊毛フェルトのスイーツ特集」として、羊毛フェルト作家・福田りお氏の特集が掲載。
5pほどの内容で、いつになくR calli.worksのピックもピックアップ(シャレじゃありません・笑)
されるとのことなので、よろしければどうぞご覧下さい♪

あ、残念ながら名前は出てません。知ってる方はこっそりとほくそ笑んでください(笑)。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-02 17:47 | お知らせ