開講御礼。

地元のシダックスカルチャーによるカリグラフィー教室、
無事に(?)初日を終える事が出来ました。
ああ、ホッと一息。

一般的には開講シーズン前に広告が入ったりするものでしょうが、
なぜかこちらは開講後の7日にチラシが入りました。(いや、別にそのあの・・・)
なので、事前告知といったらこのお寂しいブログと、
会場に置いた展示用作品、そして申し込みチラシ(広告とは別)のみ。
それでどなたかが来てくれるものなのか、非常に心配していたワケですが。

が。

何とか(?)2名の生徒さんが来てくださいました。いやー感謝。
うち1名の方は、展示用作品を見て申し込んでくださったというので感激。
親身になって飾ってくださったスタッフさんたちのお陰です。ありがとう。
もう1名の方は・・・というと、ネットを通じR calli.worksを知ってくださった方。
某朋友の繋がりということもあり、わざわざ千葉から来てくださって。
もうねー、何と言いますか、そちら方面にももっとご高名な先生方が・・・・・・ゲホゴホ(笑)。

お二人ともカリグラフィーは初めてとの事でしたので、
まずは体験から!と、ForYouカードの制作をしました。
お二人とも「楽しい」「ハマる~」と仰ってくださり、こちらも本当に楽しかったです。
もちろん、私が楽しんでいるだけではダメですから(笑)、
お伝えせねばならない事はきっちりお伝えしたつもりですが、
「つもり」のままではいけませんね。もっと精進いたします。



この季節、カリグラファーにとっては忙しい時期。
クリスマスを控えている上に芸術の秋ですから(違)、
様々なイベントやギャラリーなどなど、催し物も多いですし。
地元でも、例えば地域の文化祭だったりカルチャー的イベントを行っていたり、
カリグラフィーを知って貰えるキッカケになるものはいくらでもありそう。
私も地域密着型カリグラファー(笑)を目指し、いろいろやってみようと思います。

気が付けば、自分もカリグラフィーを始めたのはこの季節だったような気がします。
同じく、カード作りの体験教室が第一歩でした。
それをキッカケに、教室へ申し込みをしたのが'99年12月。
今年の12月で、カリグラフィーを始めて10年目に入ります。(遠い目)
当時の気持ちを思い起こしながら、「初心忘れるべからず」でまた頑張っていきましょう♪
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2008-10-07 17:16 | カリグラフィー教室小景

<< 風邪薬とシチューとチョコレート。 終わっちゃう時はあっけないもん... >>