卒業に寄せて。


先日24日、ムスメの小学校卒業式がありました。
お陰様で無事に小学校を卒業したムスメ。
今思うと、長かったようであっという間の6年間でした。

……ありきたりな感想でお恥ずかしいですが。


たまたま、今年度PTA会長を務めているものですから、
式次第には「PTA会長お祝いの言葉」などという
とんでもない項目があったりして、
公私共におっかなびっくりの初めての卒業式に。
来賓席で見つめるムスメの姿、というのも、
ちょっと面白い経験なのかもしれません。

ええ、来年は同じくそうやって小坊主を見つめることになるのでしょう。


そんな来年の自分に向けて(笑)、
今回の卒業式の自らのスピーチを載せておきます。
来年は同じ内容書けないからなぁ……

長くなりますので、ここからは「続きを読む」でどうぞ。






---------------------------------------------------------------------------------------------------

「卒業に寄せて」


卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

PTAを代表し、一言お祝いを述べさせていただきます。
皆さんが小学校生活を締めくくられる今日、
この晴れやかな場でこうしてお話をさせていただけることを大変嬉しく思っています。


この6年間、皆さんは1つのクラスでずっと一緒に過ごしてきました。
「袖振り合うも多生の縁」という言葉がありますが、
これは道で偶然見知らぬ人と袖が触れ合うのも深い宿縁があってのこと、という意味です。
袖が触れただけの人とも大きな縁があるというのなら、
6年間も同じクラスで一緒に学んできた皆さんには、
きっととても深い縁があるのだと思います。


そしてこの6年の間、皆さんはたくさんの人たちに支えられて過ごしてきましたね。

先生方や家族の方はもちろん、
皆さんが安全に学校に通えるように毎日見守ってくれた「学校安全ボランティア」の皆さん、
わかりやすく丁寧に勉強を教えてくれた「放課後学習ボランティア」の皆さん、
図書室を綺麗にしてくれ、読み聞かせや本の修理をしてくれた「図書ボランティア」の皆さん、
更に、学校行事のたびに駆けつけてくださり、
皆さんの成長を楽しみに見守ってくださった地域の皆さん。

本当に多くの方たちが、皆さんのことを支えてくれました。
6年間一緒に学んだこのクラスの仲間もそうです。


これから中学校に入ると、皆さんには新しい出会いがたくさん待っています。
出会いには皆「縁」があり、そして「時」があります。
みんな、出会うべきタイミングに出会うことになっているのです。
どうか、その1つ1つの出会いと、
自分を支えてくれる人々に感謝の気持ちを持てる人になってください。


さて、保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、誠におめでとうございます。
初めての単学級でのスタートとなり、
文字通り子ども達を見守り続けた6年間であったかと存じます。

これからますます難しい年頃になりますが、
これまでのようにいろいろと相談させていただくこともあるかと存じます。
今後とも引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
また、この6年間、お忙しい中PTA活動に快くご協力いただきありがとうございました。
この場を借りて心より御礼申し上げます。

そして校長先生、副校長先生をはじめ、
今日まで子ども達を温かく見守り導いてくださった先生方、職員の方々、
そして地域の皆様へも厚く御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


最後に、卒業生の皆さんへ、私からもお礼を言わせてください。


皆さんは、これまでたくさんの人たちに支えられてきたのだ、という話をしましたが、
実は、逆に皆さん一人一人もまた、私たち大人を支えてくれています。
卒業証書授与の時、一人一人が立派に将来の夢に向かっての決意を述べる姿を見ながら、
本当にたのもしく大きくなったなぁと、とても嬉しく感じました。

明るく素直に、立派に育ってくれて、本当にありがとう。
皆さんは、私達の大切な宝物です。
生まれてきてくれて、本当にありがとう。


皆さん一人一人が、ここにいる全ての人たちにとっての
かけがえのない大切な存在であることをお伝えし、
4月からの中学校生活が素晴らしいものになるようにと心からお祈りを申し上げ、
卒業のお祝いの言葉とさせていただきます。



平成23年3月24日
八王子市立小学校PTA会長
イマイリヱ

--------------------------------------------------------------------------------------------------

ここでは省きましたが、
冒頭に、今回の震災で被害に遭われた方々へのお見舞いの言葉を述べました。
5分以内に収まるように書き、読んだつもりでしたが、
壇上でできるだけゆっくりスピーチしたところ、
ビデオを撮っていたオットに「7分くらいあったぞ」と言われプチ凹み……

そんなオット、カメラマンに徹するという気持ちが強すぎ、
式場の体育館になんと普段着(!)で現れてくれました(笑)。
一般の卒業生保護者と私は集合時間が違ったため、
家を先に出てきてしまったのですが、
体育館でオットの姿を見て、「えっ!?」と思わず二度見。

カメラマンである以前にアナタ、卒業生の保護者ですよ……?


「スーツのことなんてまるで頭になかった……」(オット談)







こんなすっとぼけ夫婦のムスメは無事に巣立っていきましたとさ。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by r_calliworks | 2011-03-27 20:16 | 雑記帳

<< 母の日 1dayカリグラフィー... FLOWER >>